乾燥肌の原因とは

空き家冬には湿度が低くなり、お肌が乾燥しがちになります。そのため、手がカサカサしたり、全身がかゆくなったりということもあるでしょう。しかし、乾燥肌は一年を通してなることもあるのです。では乾燥肌とはいったいどのような状態のことを指すのでしょうか。

乾燥肌とは皮脂分泌量の低下、確執細胞間脂質や天然保湿因子の減少によって確執の水分含有量が減少してしまうことから生じます。簡単に言うと、お肌の潤いがなくなってしまう状態です。お肌の水分は汗や自然に上記として水分が奪われてしまうため、その奪われる水分量よりも保湿する量が少なくなってしまうと、徐々にお肌は乾燥してしまうのです。完走することによって柔軟性がなくなり、肌の耐久性が弱くなってしまいます。そのため、重症になるとアトピー性皮膚炎や角化異常を起こすこともあります。乾燥肌の原因はさまざまあります。皮脂の分泌量が少なくなることもその原因の一つで、基本的に老化に伴って分泌量は減っていきます。また、ヒアルロン酸の減少によって水分量が適切に保たれないことも要因の一つです。このヒアルロン酸の減少も老化の一つですので、年齢を重ねていくごとに適切なケアをしなければ乾燥肌に伴うトラブルを招きやすくなってしまうでしょう。

このように乾燥肌によるさまざまなトラブルを理解しつつも、自分のお肌の状態を調べ何が乾燥肌の減となっているのか、あるいは今後どのようなケアをしいば効果的な予防となるのかを把握しておくのはとても重要です。そこで、厄介な乾燥肌に立ち向かうための効果的な方法をお伝えします。